技術セミナー

セミナー情報

イベント
受付中
イベントを読み込み中

アイアール技術者教育研究所 公開セミナー

LTspiceを活用したEMC設計基礎から設計応用

約250ページの研修テキストと約50のLTspice回路を使ってセミナーを行います

日程

2024年2月29日(木)
2024年3月7日(木)
両日とも10:00~17:00

場所

日本アイアール(株)
本社セミナールーム
または
Zoomによる
オンライン受講

定員

会場受講は7名

受講料

69,300円/1名
(税抜価格:63,000円) 

  • EMC設計・対策のためのノウハウや定石を単に伝えるのではなく、EMC設計において問題となるEMI(電磁妨害)の発生のメカニズムやEMS(電磁感受性)を低くするための原理を理解して、製品開発の初期段階からEMC問題を起こしにくい設計をするための知識習得を目標とした講座です。

    コスト効率と技術的効果を両立させたEMC設計を可能とするために、L、Cの周波数特性、MOSFETの電流特性、金属によるシールド効果、リターン層に流れる電流分布、コモンモード・ディファレンシャルモード電流による放射電界などについて数式を使用し定量的に解説しています。数式の理解を容易にするために式の導出についても省略せずに記述し、SPICE解析事例も示すことによって数式の理解が不十分であっても感覚的に理解できる構成にしています。

    伝送線路に関しては理論・実測・SPICE解析を比較することによって、理論の理解を助け、SPICE解析におけるモデル化の基本を学ぶことができます。

    リターン層については伝送線路を拡張した概念でモデル化し理解することによって、リターン層に流れる電流の経路をイメージすることが可能となります。

    EMC設計事例としてドライバIC、バイパスキャパシタ、コモンモードフィルタ、フェライトビーズなどを使った差動配線回路のLTspiceによる過渡解析、FFT解析、アイパターン解析事例を示します。

    セミナーでは各受講者に事前に配信したLTspiceの回路ファイルを使用して各受講者に解析を行いながら受講していただきます。

    ※LTspice:アナログ・デバイセズ社配布の無償使用可能・無制限のSPICEシミュレータ

    • 回路設計者、レイアウト設計者、EMC関連業務に携わる方
    • LTspiceのインストール~過渡解析のできる方
    • 2~3年の回路、レイアウト設計経験のある方、中級者
    • EMC設計のうち現象の把握・対策が困難な放射妨害に関して、現象の理解・低減のための普遍的な設計手法を理解できる
    • コスト効率と技術的効果を両立させたEMC設計ができる
    • 伝送線路の基本を理解できる
    • 差動伝送線路のSPICE解析モデルを作成し、過渡解析、FFT解析、アイパターン解析ができる
    • 電子機器のPCB・ケーブルなどの正常動作やESD試験における電流の経路を理論的に推定する事ができる
    • 電磁界シミュレータを使用するための基礎的知識を習得できる
    1. EMC対策からEMC設計

    1.1.EMC設計の必要性
    1.2.EMC用語と関係
    1.3.EMC設計手法

    1. インダクタ

    2.1.インダクタンスの理論式
    2.2.ソレノイドインダクタの理論式
    2.3..表面実装インダクタの種類と特性
    2.4.配線に寄生するインダクタンスの理論式

    1. キャパシタ

    3.1.平行平板キャパシタの理論式
    3.2.キャパシタの構造・等価回路と周波数特性
    3.3.容量のDCバイアス依存性とDynamic Capacitor Model

    1. MOSFET,CMOS IC

    4.1.MOSFETの構造と理論式
    4.2.CMOS Inverter等価回路と構造
    4.3.CMOS Inverter静特性と過渡特性
    4.4..プロセスコーナーモデルと消費電流,動作スピード

    1. ロジック回路のPDN

    5.1.実装基板の等価回路
    5.2.PDNのターゲットインピーダンス

    1. 伝送線路

    6.1.伝送線路特性式とSPICEモデル
    6.2.伝送線路のSPICE解析
    6.3.形状データからのSPICEモデル入手

    1. プリント基板

    7.1.シングルエンド伝送線路とリターン層の定性的モデル
    7.2.90°ベンド配線のリターン電流経路
    7.3.スリット入りリターン層での電流経路,特性インピーダンス
    7.4.差動配線,複数同相配線と電流経路
    7.5.電流経路の周波数依存性
    7.6.表皮効果

    1. 共振

    8.1.LC共振
    8.2.配線の共振
    8.3.平行平板共振
    8.4.共振の予防と対策

    1. 静電誘導・電磁誘導とシールド

    9.1.シールド理論
    9.2.静電シールド
    9.3.磁気シールド
    9.4.渦電流によるシールド

    1. アンテナ

    10.1.EMC設計とアンテナ
    10.2.ダイポールアンテナと放射電界
    10.3.ループアンテナと放射電界
    10.4.ダイポールアンテナ,ループアンテナの放射電界比較
    10.5 .スロットアンテナ

    1. ディファレンシャルモード,コモンモードと放射電界

    11.1.ディファレンシャルモード,コモンモード
    11.2.コモンモード信号発生のメカニズム(コモンモード変換)
    11.3.放射電界強度

    1. EMC対策部品

    12.1.スペクトラム拡散クロック
    12.2.フェライトビーズ
    12.3.ノイズフィルタ
    12.4.電磁波吸収体

    1. SPICEを使ったシミュレーション例

    13.1.LVDS伝送路のシミュレーション
    13.2.SPICEシミュレーションへの周波数依存損失パラメータの導入

    1. まとめ

    appendix

    参考文献一覧

講師プロフィール


青木 正 講師

青木 正(あおき ただし)

TEQ Consulting 代表

  • 半導体メーカー(8年)
    光半導体の信頼性技術,CMOSICの回路設計
  • 光学・OA機器メーカ(34年)
    購入半導体の品質保証システムの構築(10年)
    信頼性評価,故障解析,製造工程評価,事業部開発支援
    ディスプレイモジュール開発設計(14年)
    シミュレーションモデル開発,ドライバIC開発,電気系開発設計
    特殊エリアセンサーの開発,エリアセンサーの製品技術,品質保証(5年)
    社内電気系研修コンテンツ開発・講師(5年)
    SPICEシミュレーション,電磁気学,信頼性設計,熱設計,計測技術,ESD対策
  • コンサルタント事務所設立(4年)
    電気系設計設計開発社向けセミナー(EMC設計,SiPi設計,熱設計,信頼性設計など)
    コンサルティング(シミュレーションモデル開発,SiPi 設計,EMC設計,信頼性設計)
    技術人材開発に関するコンサルティング

詳細

日付:
2月29日
時間:
10:00 AM - 5:00 PM
参加費:
69300円

会場

日本アイアール 本社セミナールームorオンライン受講
神田岩本町15-1 CYK神田岩本町3階
千代田区, 東京都 101-0033 Japan
電話番号:
03-6206-4966
Web サイト:
https://nihon-ir.jp/

主催者

日本アイアール(アイアール技術者教育研究所)
電話番号:
03-6206-4966
メール:
ir@nihon-ir.co.jp
Web サイト:
https://engineer-education.com/