知財教育(特許/知財法務)

商品・サービス:教育系ソリューション

商品・サービス

パテントリエゾンマン養成講座(研修サービス)

本講座の趣旨

パテントリエゾンマン(特許リエゾン担当者)とは、技術者が発明創出をサポートするとともに、その発明を戦略的に活用することを考える立場の人をいいます。今、特許業界で必要とされているのは優秀なパテントリエゾンマンの存在です。

しかし、優秀なパテントリエゾンマンとは何か、すなわち、どのような能力を備えていなければならないかが、必ずしも明らかにされていません。知的財産に関わる以上、最低限の法律知識も必要ですが、もっと大事なのは自社にとって特許が重要なんだという強い意識を持って活動しているかどうかです。

このセミナーは全4回で構成され、特許が自社にとって何故必要なのかを自分自身が納得し、且つそれを経営者や技術者に、優しく説明できるパテントリエゾンマンの養成を目的としています。

第1回・『技術者に特許を出したくてうずうずさせる』

開発はなぜ必要なのか

  • 開発とは、社会の変化に合わせて我社を変えること
  • 社会の変化をどのように捉えるのか

技術者の能力不足ベストテンとその能力アップの手段としての特許

  • 能力不足ナンバーワンは、研究会開発課題の発見能力
  • 研究開発課題の発見能力は日々の問題意識の蓄積で決まる
  • 特許出願件数のノルマは、特許庁に出願する件数のノルマではなく問題をたくさん見つけさせるためのノルマとすべきである

技術者に論理的なものの考え方を身につけさせる

  • 論理的なものの考え方こそ全ての思考能力の基本
  • 特許出願は、自分の発明を他人に論理的に説明しなければできない
  • 論理力が身につけば、技術者としての能力アップは目にみえている

発明は技術者の分身

  • 発明は技術者の分身。だから発明をおろそかにする人は自分を大事にできない人と言える。自分を大事にできなければ、能力アップなどとても無理な話
  • 発明を大事にして、どんな簡単なものでも特許を取れるかを検討する姿勢は失わないこと

特許マンにはプラス思考が絶対条件

  • 発明を最初から否定的に捉えてそんなもの特許になるはずがない、などと言う人は特許マン失格
  • 発明者の人格を尊重し、「貴方は偉い」といった態度で発明者に接するゆとりが必要

第2回・『発明を捉えることは発明の本質の探究に通じる?』

発明を他人に伝えることと発明の捉え方とは相通じる

  • 発明を他人に伝えるとき、従来の不便さとその原因を説明してから自分の発明の便利さとその原因を説明するはず
  • 発明を他人に説明するといろいろな改良点にも気がつくことがある

現物を用いた発明の捉え方の説明

  • 簡単な現物を用いて発明の捉え方を説明
  • 発明を製品として見てはいけない。ものの考え方として捉えなければならない
  • 発明の便利さの捉え方
  • 便利さと構成との因果関係の捉え方

特許公報を用いた実例解説

  • 発明の捉え方の問題点
  • 特許請求の範囲とは、発明の便利さを達成するための最小限の構成を言う
  • 便利さがたくさんあればそれに見合った特許請求の範囲が作れる特許請求の範囲の広さとは
  • 特許請求の範囲の文字の数も重要なファクター
  • 構成要素の数と範囲の広さ
  • 上位概念と下位概念とは何か
  • 広い特許請求の範囲を作るためにどうしたらよいか
  • 特許請求の範囲を広く捉えるということは発明の本質を追究することに通じる

第3回・『激動の時代を生き抜く自社の特許体質の強化方法とその実践』

特許体質の強化には特許戦略の充実と技術者の差別化意識の高揚が必須

  • 特許戦略は会社の差別化と増収増益を目的にしたものでなければならない
  • 技術者の差別化意識を高める手段として特許を活用する

特許意識のない技術者には差別化意識もないのが普通。技術者の特許を強く意識させ、その差別化意識を高める

  • 特許戦略は我社の差別化を維持する手段として活用しなければならない
  • 特許戦略はきめ細かに考えていかなければ役に立たない

特許は知的設備

  • 物的な設備投資はどんなときにもその目的をはっきりさせる。例えば合理化とか生産拡大とか等々である
  • ところが知的設備の場合には、それが見えないために投資したことも忘れがちになる。そのためにヒョッと気がついたとき「ちっとも儲けにつながらない」ということになる。目に見えないからこそ設備投資の目的をはっきりさせ、しかもその活用を強烈に意識しなければならない
  • 言い方を換えれば、特許を知的設備投資と考えられれば特許体質の強化は成功

特許体質の強化のためには知的財産権の尊重という社風が必要

  • 自分の権利は守りたい。でも他人の権利は真似したい。こんな社風では、特許体質の強化などおぼつかない
  • 自社製品が他人の特許権を侵害していることを知っていながら文句を言われたときに対応すればよい、などといった態度をとる管理職が結構いる。まずはこの辺の意識改革が必要。ただしその意識改革の先頭に立つべきは特許マンである

第4回・『特許体質の強化をサポートする出願計画』

出願計画の立て方

  • 重要分野を絞り込むには、それほど簡単なことではない。重要分野以外の残りの分野を捨てるぐらいの勇気がないととても絞り込みなどできない。しかし、この絞り込みに悩めば悩むほどより戦略性が高くなる。これが出願計画の最大の効用
  • 出願計画は研究開発成果を係数化して表現できる。従ってトップも開発の方向性を理解しやすい

重要分野の絞り込みの方法

  • 得意技術の決定
  • 売れ筋商品の特定
  • 我社の将来方針

重要分野での開発課題の洗い出し

  • 親課題と子課題の特定
  • 親課題で戦略判定
  • 戦略性の高い親課題についてはその子課題も戦略判定他社の特許取得状況の調査とその対抗手段
  • 戦略性の高い親課題についての他社の特許取得状況の調査
  • 我社の方向性と他社との比較

目標出願件数の決定

  • 予算、経営方針、事業戦略などに応じて計画を決定